*++ ちょびブロ ++*
ちゃびこの事情 *++ ちょびブロ ++*

*++ ちょびブロ ++*

我が家のニャンずのお話 あ~んどその他もろもろ~ん♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ちゃびこの事情

ちゃびこを引き取るって決めてから
それまで案内してくれていた飼育スタッフが、思い出したように

「この子は、耳の中が汚れやすいので、定期的なケアが必要です」
と言いました

「そのケアってのは、いつもはスタッフがしてるんですか?」と聞くと

「いえ~やっぱり嫌がりますので獣医にしてもらってます」と

「それは、何か他の病気があっての事ですか?」と聞くと

「そういう体質って事だけで、他の病気の影響とかではないです
今も1ケ月以上は何もしてませんし、汚れてきたら~って感じです」と

正直、ちょっと迷いました

たかが耳のお手入れだけの為に、病気でもないのに
定期的に獣医に連れて行くのはこの子にとって負担ちゃうかな?

ここやったら動物病院が隣接してるから
いつでもすぐに手入れしてもらえるやろけど

でもまた考えてみた
今は、耳の洗浄液も手軽にネットで手に入るし
翔太のウンチを出してた私に手入れが出来んわけない(笑)
最初は不安やから院長に相談に行って
手入れの方法を伝授してもらったらええやん!と


またまたここまでで長くなってしまいましたが

そして、うちに連れて来られた当日

ちゃびこは朝からくしゃみをし始めたらしく
抗生剤の注射を打ってもらって、念の為に

「出来れば夜からあげて下さい!」と1日2回のお薬付きでやって来ました(爆)

午後16時頃に来て、すぐにキャリーからは出て来ず
やっと出て来たかと思ったら部屋の隅で固まってるちゃびこ

まだどんな性格かもわからん信頼関係も築けてないこの子に
夜から、私が薬をあげれるはずもなく (笑)
いきなり嫌われるんも嫌やし・・・・

スタッフの人も、念の為!って言いはったから
「一応注射打ってもらってるし、人間の風邪みたいに
薬なしで治るかもしれないので、今夜は様子見させて下さい!
明日、変わらないようなら、獣医に連れて行きます」と言うと

「そうですよねー」と言って下さったので、その夜は薬を飲ませませんでした

翌日のちゃびこは
そんなにくしゃみがひどくなってるわけでもないけど
治まってる感じもなく、、、、
耳のお手入れの相談も、いずれ聞きに行きたいと思ってたから
院長にお披露目も兼ねて受診する事にしました

とりあえず私がしばらくは手を汚さずに済むように(爆)
2週間効果のある抗生剤とインターフェロンを打ってもらいました

耳の掃除も目薬をさされても
ちゃびこは、びっくりするぐらい辛抱強く
院長も感心して「これなら自宅で耳掃除出来るよ」と言ってもらえ
ホッとして、1週間後に再び診察


1週間してもそんなに劇的に状態はよくはならず
でもだんだん青っぱなを飛ばすようになってきたので
治りかけてるのかなぁ?とも思ってました


本ニャンは、食欲がメチャあって元気に走り回ってるから
特に心配してなかったんやけど

風邪より耳の方がかさぶたが出来ては、はがれ落ち~が
繰り返すようになってきてて院長にそれを伝えると

「僕も最初にいきなり耳の奥まで掃除して嫌われるんは嫌やったけど(笑)
今日は、ちょっと奥の方まで洗ってみるね」と言ってくれて
カテーテルみたいなんを通してちゃびこは耳の奥まで洗浄されました

その時も、ホンマにおとなしくて、院長は
「普通こんな事されたら、キレて当然やのに、ホントに扱いやすいええ子やな」と
言ってくれました

で、キレイに洗ってから、院長が耳の中を覗き始めて

「あっ!何かあるよ」と言ったんです

「えっ!なんですか?耳が汚れやすい体質じゃなくて、、、
何かあるんですか? 腫瘍????」って

私が聞き返すと、、、院長はあんまりいい顔をせずに

「本院の方がもうちょっと奥までみれる機械があるから
それでもう一度見ましょう
今見えてるのが、そこの部分だけならレーザーで焼き切れると思うけど
原因が奥からやったら、手術になるし
そうなると、別の病院でCTを撮ってからの方がいい
まずは、そこの部分だけかどうかを本院で見るから!」って事で
その日の夜に本院で再度受診

結局、本院の機械でも出来物の奥までは見通す事が出来ず
とりあえず組織を採って病理検査に出す事になりました

院長は
「結果が悪性腫瘍なら、朝、言ってたように
どこまでの範囲にあるかをCT検査した方がいい!

良性あるいは炎症からくるものであれば、とりあえずは
レーザーで焼いていって、もう先にはなくて、鼓膜が確認出来るようなら、
それで治まると思うけど、奥まで続いてるようなら
やっぱりCTで詳しく調べてからの方がいいかな」と

CT検査だけを外部でお願いして
それ以降の手術や治療は院長がしてくれるとの事やけど

「これはおそらくないやろうけど、神経まで入りこんでたら
手術も難しい!」と言われました

「取り切るとしたら、骨を削る感じになって
耳の形も変わってしまったりする事もある」とも言われ

レーザーで焼く場合も、全身麻酔が必要なので
どんな結果であっても、ちゃびこは、近々全身麻酔をしないとアカンねなぁって
覚悟をして1週間後に結果を聞きに行く事になりました


あ~あ
色々余計な事を書くから、こんなに長くなってしまうんですね('◇')ゞ
とりあえず、ここでまた一度アップします 

| 未分類 | 20:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT