*++ ちょびブロ ++*
情けない! *++ ちょびブロ ++*

*++ ちょびブロ ++*

我が家のニャンずのお話 あ~んどその他もろもろ~ん♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

情けない!

昨日は発作がなかったものの
今日は朝の6時と9時半の2回のけいれんを起こした石松

幸いにもどっちも座薬で治まったけど
朝から2回も起こってさすがにへこんでしまいました

なんか自分の気持ちがテンパってるのがわかって
気持ち切り替えなアカン!思っても
目の前の石松が次、いつ発作を起こすかと思うと
自分もおかしくなりそうなぐらい、めちゃつらくて苦しくてしんどくて

とにかく一人で石松を見てるのが心細くて
姉に来て欲しいと電話をしたら
ジムに行く気満々の準備をしてきて
おまけにストレスになる事ばかり言われるので
ジムに行ってもらいました

それからも息が詰まりそうで、でも外に逃げ出す事も出来ず
悩んだ末、獣医に電話して院長に折り返し電話をもらって話を聞いてもらいました

院長は、発作が何回起こったとか間隔が狭いとかって事より
発作が起こってない時の石松の様子を一番に聞かれたので

起きてきたら、こけながらも歩き回って缶詰を欲しがるので
あげると何回か食べて、満足したら寝ます!

って答えると

それなら ヨシ!としよう、、、、、みたいな事を言われ???

「石松には、発作が起こるのは普通って考えて!
ちゃんと調べたわけじゃないけど脳に異常があるのは間違いないし
発作が治まってる時も動かず食べずなら明らかに衰弱してるけど
起こってない時は、食欲もあるなら、発作が起こるのはもう仕方のない事!
間隔が狭くなったからってもうダメって事なんかではないし
今回大きな発作があったから、それでまだ起こりやすくなってるんやろし
それを薬でなんとか大きくならないようにしていきつつ
起こった時は、座薬を入れる!みたいな考えでやっていくしかないよ」と
言われました

薬の話が出たので
実は、石松はこの頃座薬を入れたら半日寝たりするし
寝てる時に薬を飲ませてもごっくんもせず誤嚥も恐いし
もうこんなに発作が起こるようになってるなら長くはないやろし
それなら嫌がる事したくない
だいち、この薬効いてるんかなぁ?てのもあって
起きてる時になんとか飲ませれる時もあるけど
1日2回は全く守れてなくて、昨日は丸一日あげてないし

ってのを思い出して、あまり飲ませれてない事を
院長にサラっと言ったら

「えっ!あげれてなかったの?
いやぁ、それで発作の回数が多くなってるんやと思うよ
確かに寝てる時にあげるのは無理やけど
それ以外に起きてて缶詰を食べたりするならその時にでも
あげたら飲み込めるやろし、インターバルにこだわるよりは
ある程度の間隔があいていれば、あげれる時にあげる形で考えた方がいい!」
と言われ、、、大反省 

なんとなくニュアンス的には
けいれんが起こる子はもっと起こって普通やのに
石松は、回数が少ない方!みたいに院長のやり取りで思えました

院長との電話を切ってしばらくしたら石松が起きてきたので
慌てて先に薬をあげて、缶詰も食べさせました

それからまだウロウロしてたんやけど
私も気を取り直して掃除を始めようと思って
石松をケージに入れたら、しばらくケージ内を旋回してたけど
掃除機の音が聞こえてきたらあきらめて寝始めました

その時にも思いました

石松は、私が普通にしとく方が安心というかーあきらめというか(笑)
でおとなしく寝てくれるんやなぁ、、、って

ケージの前に付きっきりでおったら
治まるけいれんも治まらんのちゃうかなぁと(爆)

こんなん前からわかってるはずやのに、ほんまにダメダメやなぁ

余裕でもらったつもりの座薬がもう2本になってしまい
やっぱり不安なので、明日は、石松を置いて
なんとかもらいに行くつもりです

今日は、頑張ってベッドで寝ようかとも思ってます

発作を起こしてからずっと布団も敷かずに
石松のケージの横で畳に直に寝転がって付き添ってたけど
夜中にけいれんって考えたらなかったし
期間限定じゃないし、石松にけいれんはつきもの!って考えたら
私も自分のペースで出来る事をしていくしか
身も心も長続きせえへんやろしねー

いやはや
こりゃ 私に与えられた修行ですね

| 未分類 | 22:55 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

気持ち複雑

寧夢さん、おはようございます。

くうさんの状況とは随分違いますが私はやむを得ずしなければいけない事は優先していました。
手術を控えていたので検査に大学病院へ行ったり・・。くうさんが逝った日・・この日は明らかに逝くである事は感じました。
嫁さんと孫が発熱し二人とも病院へ連れて行ったので最期に会えないと半ばあきらめて別れを告げ出かけました。
待っていてくれたんでしょう、それから二時間ほどで旅立ちました。

生きとし生けるもの必ず死は訪れます。寧夢さんも十分判っている事でしょうが実際はなかなか出来なかったり・・。

石松くん、発作は起こすようですが食事が摂れるのは素晴らしいですよね。
「お母ちゃん、無理せんといて・・」ってきっと思っていますよ、寧夢さんも自然体で。

| 菜摘 | 2014/07/29 07:40 | URL | ≫ EDIT

菜摘さ~ん♪

おはようございます♪

私が思ってるほど石松に悲壮感はないんやと思います(笑)
3月に大きな発作を起こして以来、落ち着いてた方が珍しい!みたいな感じらしいです
もっと回数多く発作を起こす子もいっぱいいてるみたいやし、上手く付き合っていくしかないって最初に言い聞かせてたのにすっかり忘れてました

はい!
石松が食べる事をあきらめないってのは、ホントすごくて、それに救われてます

| 寧夢 | 2014/07/29 07:58 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT