*++ ちょびブロ ++*
石松のけいれん発作 *++ ちょびブロ ++*

*++ ちょびブロ ++*

我が家のニャンずのお話 あ~んどその他もろもろ~ん♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

石松のけいれん発作

腎臓の数値も落ち着いてたし
甲状腺もとりあえず心配せんでええしで
しばらく通院もせえへんぞー!と火曜日の診察後に決めたのに
翌々日の朝

5時過ぎに石松のいつもの 「ケージから出して~」という鳴き声が聞こえ
5時半前に起きて行くと、いつもなら私の気配を感じて
泣き喚くのに石松の声が全く聞こえない

また寝てしもたんかなぁ、、、と思いつつ、そのうち起きるやろ~と
弁当の用意をしかけたけどやっぱりまだ鳴かず
ちょっと心配になってケージを覗きに行くと
二つ合体してるケージとケージをまたがるように横になってた石松

それでも、ここんとこ変な寝姿があるので
まだ眠いんかなぁ、、、無理に起こすのもなぁと思って
横でパソコンをいじってたら、ドタバタと音がしてきてビックリ

ケージを見ると石松が倒れたまま手足をバタバタさせてた

これって『てんかん』かな?と思ったんやけど
てんかんはもっと手が付けられへんぐらいに暴れるっていうし
しばらくするとおさまったので、抱いて外に出してやったけど
もう起き上がれない

あぁーあのケージの間に横たわってた時に
既に一回目のてんかんみたいなんがあったんやなぁと思って
ベッドに入れてやってんけど、それから何度も何度も
仰向けのまま手足で空中をかくしぐさをして治まると寝る感じ

とっさに数を控えようと、正しるしをつけていってんけど
ほんまに頻繁で10回は超えてしもた

鉄平の時の事が頭をよぎり、もうこのままにしておこうかなと
正直思いました

でも何らかの処置をすればまた普通に戻るかもーって事もあるって事で
院長も診察してる日やったので、ネットで順番取ってたら遅くなると思って
とりあえず、タクシーを飛ばして、、途中で、順番を取れる9時になったので
携帯から取ったら「3番」で、獣医に到着

受付で院長指名ですぐに診てもらえるかと聞いたら
私は「3番」やけど、1番も2番も院長指名やから~みたいに言われて
けいれんの事を話して、無理やろなぁとは思ったけど
出来れば早くしてーと言ってみた

とりあえず看護師さんがキャリーの中の石松の様子を見にきてくれて
「院長はもうすぐ降りてくるとは思いますが
それまでに他の先生に応急処置してもらいますので
すぐに診察室に入って下さい」と言われ
事の重大さにだんだん気づいていった私

石松を診察台に乗せて、私は外に出されて
ますますビックリ

すると院長もすぐに降りてきてくれて様子を見てから
私を手招きしてくれたので中へ入って、朝からの事を説明

院長から
「とりあえず薬を入れてけいれんが治まるか見るから
外に出てて」と言われまた待合いへ

しばらくしてまた中に呼ばれ

「1回だけなら今処置して、しばらく待ってもらって
連れて帰ってもらってもいいけど、
10回以上も起こしてるとなると、すぐには帰せないなぁ」と

私が
「えっ?入院って事ですか?病院で亡くすんは絶対いやです」と言うと

院長は「でもこれを止めない事には、どっちにしても危ないよ
じゃぁ、とりあえず夕方まで処置し続けるから、昼過ぎに一回電話して!
夕方でも治まってなければ入院になるかもしれないけど」と

石松には、常々「お前を1人で入院なんてさせへんからな」って言ってた私

こんな事になるとは思ってなかったので
「夕方まで処置し続けても治まらないならもう治まる可能性低いって事で
連れて帰りたいです」とまだ言い続けてました

でも今何もせずに連れて帰るんはやっぱり無理と思って
夕方までに治まってくれると信じてみる事にした

同意書にサインして下さい!と院長が持ってきてんけど
「ここに書いてる事って読むん嫌よねー」と

最初に「預かり」か「入院」のどちらかに〇をつける形になってるねけど
院長がさっと見て「これは、預かりやからね」と(笑)

入院に敏感になってる私への心遣いと思うと
石松がこんな時やけど、笑ってしまった

で、薄着のまま1時間歩いて帰った私(笑)

あとはブログに書いたけど、昼過ぎの様子は変わらなかったけど
夕方からけいれんは落ち着いてて、なんとか一泊は免れました

院長も正直、石松が預かってる時に亡くなる可能性もあると思ったから
入院は避けて、とりあえずは、返してくれたんやと思います


けいれんの処置と同時にまた血液検査もしたんやけど
腎臓の数値も相変わらず落ち着いてるし
肝臓も異常ないし、けいれんが起きる原因は
やっぱり、脳の中で何らかの事が起こってるのでは?
って事になっています

でもそれをリスクの高い全身麻酔でMRIで撮って
突き止めたとしても、処置のしようもないやろし
院長もそれは勧めないって事やった

脳の異常って思えば
急に変わってしまった石松の行動ひとつひとつが納得出来ます

今回は、ホンマに急変やったけど
石松の脳の中ではゆっくり何かが動いてて、それが爆発したんやろね


とりあえず、けいれんは落ち着いたものの
正直、これから、何があるかはわかりません

このままこれ以上の悪させずって場合もあるかもしれんし

なんか父とダブって仕方ありません

父も、次回発作が起きたら危ない~って言われ続けて
もう1年以上

この頃、やたらと喋りはるし(笑)

石松にもそういう奇蹟があると信じてみる事にします

| 未分類 | 20:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT