*++ ちょびブロ ++*
相変わらず、長いよー(爆) *++ ちょびブロ ++*

*++ ちょびブロ ++*

我が家のニャンずのお話 あ~んどその他もろもろ~ん♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

相変わらず、長いよー(爆)

昨日の獣医での石松もメチャ鳴いて
待合いにいててもキャリーを頭突きで押し上げるし(笑)
でも、予約時間を15分ぐらいオーバーだけで呼んでもらえた 

120g増えてた体重を見て、院長は「おっ!増えてるねー」と

「はい!頑張りました」と言ってから
私は、とりあえず言いたい事を全部一気に言いました(笑)

石松は、拾ってきた時に下の唇や顎が変形してて閉じれず
ずっと口は半開きのままなんやけど、今のカリカリの食べ方を見てると
どうもカリカリをその口の前あたりを使って
喉の奥に送り込むのが難しい感じのようにも見えて
ウエットやスープ類は、舌を使って運ぶから
お皿に平べったくひっつきながらもなんとか食べれてるのでね


要は、食べてくれたらええんやーと思って
この前の診察後は、缶詰を中心にあげてきました

皿に平べったくついてしもても私がマメに山にするので
今までは1日に1缶は食べきれんかった缶詰も
(私が最後までフォローをせんかった事もありますが・・・)
1缶はペロッと食べるようになり、2缶目もなくなってしまう事が多くなり

となると、私は、私でまた
腎臓食でもないこんな市販のフードをやり続けててええもんやろか~
いや、でも欲しがるもんをあげたらええやん
いやいや、でも何かの病気の末期で、今はとにかくなんでもええから~
って事でもないのにぃ~
と相変わらずの葛藤が続いてました(爆)

でもやっぱり食べてくれる事が一番やし

上手く食べれなくなった理由をアレコレ考えて落ち込んでてもしゃあない
出来ない事かって増えてくるし、出来る事に目を向けて
今ある現実を受け入れて、それに対処してやらんと!

石松の食欲がなくなってるわけちゃうねから
食べれる工夫をしてやらんと!!

私は、頭であれこれ考えるだけで
何も行動に移してなかったなって気づいたら、俄然、やる気が出てきた 

そして、なんとか缶詰を1日1缶ぐらいですませる為に
いつもの腎臓サポート等のカリカリを
水でふやかしたり、クラッシャーですりつぶしたりして
ちょびっとの缶詰に混ぜて量を増やす事にしてみた

それをやるには、早起きせなアカンけど
元々、私は、世間の人に比べたら寝過ぎぐらい睡眠取ってるから(笑)
いつもより1時間ぐらい早起きする事にして、今週の月曜より決行 

とりあえず最初は、食べてくれるかどうかわからんから
ちょっとだけやってみて、弁当の用意とかも並行でしてたら
すぐに石松が足元に戻ってきたから

「あぁーやっぱり騙されへんねんなぁ~食べへんかぁ」と
皿を見に行くと・・・ほとんどなくなってた(笑)

お代わりを要求に来てたんや(爆)

それを3~4回繰り返して、まだ石松は欲しがってるけど
いつも朝あげてたカリカリの量よりはるかに多いし
でもいつもカリカリの時は、色んな種類を混ぜな食べんかったのに
腎臓サポートだけでも、騙されて食べてるし(笑)


何回も要求されつつ、そのうち石松は床暖で眠りこけてしまい
それをベッドに移動したら、昼前ぐらいまでは寝てくれます

そしてまた起きて~ご飯あげて~やけど、流れをつかんだらなんて事ない 
時間がない時は、缶詰だけでもええんやし、臨機応変 臨機応変 (爆)

でもでも、缶詰少な目ではあるけど、カリカリの量がいつもよりかなり増えてるし
これでも様子見て私がストップしてるけど
石松としてはもっと食べたそうなんやけど
そんなにあげても、大丈夫なんかなぁ、、、
こんなに食欲あるなんて、やっぱり、、、甲状腺が、、、、('◇')ゞ

ってまたちょっぴりネガティブさんがお顔を出しつつ(爆)
カリカリの袋に書いてある1日に与える量を計ってみたら、なかなかの量で
石松が食べてるんがめちゃめちゃ多いって事でもないってわかって
またまたひと安心


それにその量ってのは、それ以上あげたら肥満になる~みたいな事やと思うし
石松の場合は、体重が増えて欲しいねんから
とりあえずは、欲しがるだけあげていいのかなぁっていう
私なりの結論 (爆)


まあ、そんな感じの事を院長に話して
食べずらいのんは口の中の痛みではなさそうやし
痛み止めも腎臓に悪いから(薬名で調べたら、そういう記事があったので)
もうやめていいですよねー!みたいに言いました

院長は
「でもやっぱり口の中もそれなりに歯石等もついてるから
これを飲ませていくんも一つの手段とは思うよ」って言われたので

「今、食欲がないならそれも考えますけど、すごい食欲ありますし
正直、この薬を飲ませ続けるのは怖いです
食欲が落ちた時に~みたいな飲み方では、ダメですか」と聞いてみた

院長は「わかりました!頓服的な服用ももちろんアリやからね
でも、この薬を1週間飲んだって事で
今日、もう1回、腎臓の数値みてもいいかなぁ」と

えーっ!
私は、診察台の上で体重計るだけでも動き回ってる石松に

「大丈夫、大丈夫、今日は、なーんも痛い事はせえへんからなぁ」
って言ってたのに(笑)

院長にも「私、今日は痛い事せえへんよーって言ってたのに
嘘つきって思われるやん」と言うと
院長も笑いながら「さっきから、そう言ってるからどうしよかなぁって思ってた」と(爆)


院長としては、石松に今後もこの薬を
頓服的としても使ってもいいかを調べておきたいんやろなぁと
思ったので血液検査をしてもらいました


結果
CREは変わらず、BUNに関してはさらに数値が下がってました 


ホッとしたので最後に気になってる甲状腺の事を
これからどんどん上がる一方なのか?と聞いたところ

そんな事はない!と言ってもらえ

私が「ボーダーライン ボーダーライン」と言ってると

院長は
「ボーダーラインってほどじゃないし、まだ余裕あるし
心配しすぎる数値じゃないから!」とも言ってくれました


こんな感じとなると、多分、普通の診察の流れでは

「じゃぁ今後は、要観察って事で、〇ケ月後に検査で数値をみましょ」
みたいになると思うねけど(笑)


通院=石松のストレス(っていうかー私のストレス (爆))になるので

先手で私がこう締めくくった


「それじゃぁ次回は、私が通院した方がいいかなぁと思うタイミングで
来るって事でいいですよね!!」と

院長は「はい、それでいいですよ~」と笑ながら答えてくれました


やれやれ
こんな感じでなんとか終わりました

あんまり色々考えるんはやめる努力しますね(笑)

石松、元気にしてくれてるし、メチャ甘えたになってるし
ちゃんと受け止めてやらんとねー


今回も石松のフケは大丈夫やってんけど
家に戻ったら、キャリーの中にオシッコしてて
キャリーから出した途端、ケージの中に入ってウンチもしました(爆)

石松なりにストレスがあったんわかってるけど
頑張ってくれました

血液検査のあとの足の包帯を気にして変な歩き方をしてたから
はずしてやったのに、しばらく同じような歩き方をしてる石松に

「いし~っ、もう包帯ついてないねんけどぉ」と突っ込む私

ホンマに可愛い奴です 





| 未分類 | 13:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT