*++ ちょびブロ ++*
石松の事(=^・^=)(=^・^=)(=^・^=)(=^・^=)(=^・^=) *++ ちょびブロ ++*

*++ ちょびブロ ++*

我が家のニャンずのお話 あ~んどその他もろもろ~ん♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

石松の事(=^・^=)(=^・^=)(=^・^=)(=^・^=)(=^・^=)

今回、痛み止めを使うにしても、腎臓の数値を見てた方がいいし
どっちみち血液検査はしてもらうつもりやってんけど

それなら、8月に検査したけど、気になるならついでやし
甲状腺の検査もしといたら?と院長に言われ

腎臓とかの検査は院内でするからすぐわかるねけど
甲状腺は外注で、その場でわからへんのが結構私にはストレスで(笑)

それを院長に言うと 「とは言っても明日にはわかるよ」と

でも、明日、電話をかけてから
折り返し院長の手が空いてかけ直してくれるまでの間が
ホンマにドキドキで何も手につかへんから
それなら直接結果を聞きに来る方がマシやから
金曜に獣医さんのそばのお寺さんにお参りに行くので
その時に寄らせてもらってもいいか?と院長に言うと、笑いながら

「明日結果出てるのに、金曜まで待つドキドキはええの?」みたいに(爆)

そりゃそうやわなぁ、、って事で、夜診始まってすぐに電話して
さっき折り返し電話がありました

院長の一言目の 「まだ大丈夫やよ」に

思わず、「まだーって!」と答えると

「基準内ではあるけど、前回よりは数値が高くなってます
でも治療をスタートする値でもないから、様子見やね」との事でした

正直、これからどうなるんかなぁって不安もよぎったけど
起こってもない事を考えてもしゃあないなぁと思う事に!

それで、痛み止めの薬の事を聞いてみました

院長が言うように石松の食べ方は口の中が原因じゃないような気がする
私が全身麻酔での処置を希望したから、院長がまず薬を提案してくれたのなら
もうそれはいいかなぁと思うので、となると
痛み止めも腎臓によくないといえばそうやから
もう飲ませるのを止めていいですか? と

院長は、笑いながら
「うーん、、、難しいなぁ
確かにでも歯石はついてるし、もしそれが原因で食べずらくて
薬で楽になるかもしれないなら、もうちょっと飲ませて確かめた方が
いいと思うよ」と

色々ネットで調べてたので
「口内炎とか口の中に問題があるけど、手術は出来ないような子が
あの薬を定期的に服用とかしてますけど
石松の場合も、もし薬で楽になるとわかったら
口の中を全身麻酔で見る!って事以外に
定期的に薬を服用するっていう手もありますか?」と言うと


「そう!その通りです
そういう手段もあるよーって事も伝えたかったから
もうちょっと薬を続けてもらって、また話を聞かせて欲しいんです」と言われ

体重ももう一度計ってみたいからって事で、土曜日に再診となりました


とりあえず、それまでになんとかもうちょっと体重を増やすか
現状維持を保つ為に、ご飯の時はそばについててやろうと思ってます


石松は昨日も診察から帰って、缶詰を私の付き添いの元に
1缶食べました!

いつもは、私も片手間にするから、半分ぐらいしか食べへんのにね('◇')ゞ

それに、石松がまあまあ好んで食べてくれる缶詰は
総合栄養食ではあるけど、市販の安いもんやから
腎臓の事を考えたら正直あまりあげたくなくて
でも食べないよりはマシかなぁと、3日に1回ぐらいあげててんけど
腎臓の数値も今回そんなに悪い事じゃなかったし

院長に聞いたら
「そりゃぁ、すすんであげてー!とは言えないけど
でもおっしゃる通り、食べてくれる事を優先する方がいいと思うから
食べてくれるものをあげたらいいと思うよ」って事やったから
今日もあげたら、また1缶食べてくれたので
これからは、毎日あげてみようかなぁって思ってます


アワワ~今度こそ終わるはずやったのに
まだもうちょっと書きたい事がある(笑)

なんか小説みたいになってきたけど、これはとりあえずアップです





| 未分類 | 19:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT