*++ ちょびブロ ++*
長文でごめんなさい('◇')ゞ *++ ちょびブロ ++*

*++ ちょびブロ ++*

我が家のニャンずのお話 あ~んどその他もろもろ~ん♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

長文でごめんなさい('◇')ゞ

ここで書いたりする事じゃないかなとは思ったけど
振り返って読みたい時があるし
嬉しかった事やからやっぱり書いちゃいます(笑)

私の実母は、私が小学3年か4年?の時に出て行っちゃいました

子供心に覚えているのは、母はメチャ世話好きで
PTAの役員なんかも進んで引き受けるような人で
父の兄弟や近所の人からも慕われていました

いつもアチコチ飛び回っていて
引っ込み思案やった私が密かに思ってる男の子を
勝手に家に呼んで「あんたあの子好きなんやろ」と言うような人で
私は小学生の時に母に美容院へ連れられてパーマもかけられました(爆)

母がいなくなって1~2年?で父は再婚

しばらくして母が亡くなったというのを
父が兄にコッソリ話しているのを聞きました

父にも色々思う事があったんでしょう
アルバムから母の写真は全部はがされ
一緒に写っているのには
母の顔だけマジックで塗りつぶされてました

もう子供には会いません!と
母が父に書かされた手紙を見つけてしまった記憶もあります


そんな感じやったから、母の話はする事は出来ず
結婚してだいぶ立ってから、意を決して
母のお墓はどこなのか?を父に私が聞いて
母の弟の連絡先だけを教えてもらい、私が1人で訪ねて
今は、姉と従妹の3人で春と秋のお彼岸にだけ
母のお骨を分骨しているお寺にお参りに行ってます


土曜の近所のカフェでのライブには
幼稚園から中学校まで一緒だった友達が見に来てくれました

彼女のお母さんも活発な方でPTAの役員をいつもしていて
母と仲が良かったのをうっすらとは覚えていました

そのお母さんも一昨年亡くなられました

で、亡くなってからふと見たら、玄関のあたりにハガキがあって
何かと思ったら、私の母からお母さん宛てへの年賀状だったそうです

友達のお母さんは、病院からしばらくは自宅にも戻られていたので
友達も毎日実家に来ていたのにその時は気づかなかったそうです


「これはきっとお母ちゃんが、あんたに渡して!って言う事で
置いたんやと思うねん」と言って、ライブ前に渡されました

見ると 1967年のハガキ代も7円の時のものでした

書いている事は、ホンマに簡単な挨拶やねけど
母の字なんて覚えてもなかった私は

「お母ちゃん、こんな字書くんやね」と
最初に出た言葉がそれでした

友達は2人で来てくれててんけど
ハガキを見入ってウルウルしてる私を
2人共、すごく優しそうな顔で見守ってくれました

すぐに九州に行ってしまったと聞いていたのに
ハガキの消印は、私の住んでる隣の区のもんやったし
苗字も旧姓じゃなく結婚してた時のもんやった


出て行った当時はアチコチ探し回ったんやけど
友達のお母さんは口止めされてたんやろね

でも自分が亡くなる前に
これをどうしても私に!って思ってくれたんやろね
だって40年以上もそのハガキを持ってくれてはったんやもん

母と友達のお母さんの気持ちを思うとジーンときてしまいました

友達も素敵な手紙を添えてくれました

私らが今でも友達でいられるんは、母達のおかげやね!
これが〇〇の手元に届いて私の母も喜んでると思うよ!!


子供の時、私は、一度だけ泣いて父を責めたのを覚えています

「お母ちゃん、なんで出て行ったん?」みたいに

その時父は「お前も大人になったらわかる」と言いました

父としては
お母ちゃんがどんなひどい事をしたか~って事がな!
ってきっと言いたかったんやと思うんやけど

自分がとっくに母の年齢を超えてしまって
でもそれやからこそわかる事もあるなぁって思います

自分の気持ちを貫いた母を私は今でも、カッコええなぁって思います 

| 未分類 | 08:45 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

No title

寧夢さん おはよう~♪
良いお話でした♪
思わず私も、涙ぐんじゃいました。
寧夢さんのお母様は、お友達のお母様と何かで繋がっていたんでしょう。
またお友達のお母様が、とても素晴らしい方で、
良かったですね♪
人生ってどこで何があるかわからないけれど、
繋がっていることが、わかります。
素敵なお話を、ありがとう♪

| ちょこ | 2014/01/22 08:32 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

寧夢さん、その時の夫婦の関係は子供でも理解できなかったかもしれないし、お父さんの、お母さんの選択はそれぞれ良い形だったのでしょうね。
だから一枚のはがきで繋がっていた、いつかは愛娘に届くだろう、届いて欲しいと託したのかもしれないです。
「何で?」と思っていた事が氷解したかな?寧夢さん。

寒いけれど日差しが嬉しいです。お元気でね

| 菜摘 | 2014/01/22 13:22 | URL | ≫ EDIT

ちょこさ~ん♪

こんばんわ~♪
ホンマ、ライブ前にそんなハガキをもらったもんやから、泣いて歌えんかったらどうしよーって思って、その友達の方はほとんど見られませんでした(笑)

母は、出て行って数年後には亡くなったので、友達のお母さんともそんなに長い間やり取りをしてたわけじゃないと思うんやけど、ずっとハガキを持ってくれてはった事にホント感激しました!

私も人との繋がりを大事にしたいなぁって改めて思いました♪

| 寧夢 | 2014/01/22 18:56 | URL | ≫ EDIT

菜摘さ~ん♪

こんばんわ~♪
ごめんねー
レスつけたはずやのにアップされてなかったみたいで(__)
子供の頃の事やからよう覚えてないけど、父と母の性格は違いすぎたような気がします。
茶色くなったハガキがこれからは私の宝物でーす(^^)v

| 寧夢 | 2014/01/22 20:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT