*++ ちょびブロ ++*
ずっと気にするよりは・・・ *++ ちょびブロ ++*

*++ ちょびブロ ++*

我が家のニャンずのお話 あ~んどその他もろもろ~ん♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ずっと気にするよりは・・・

今日はハーちゃんも休みで、院長も診察に出ているので
石松を獣医に連れて行ってきました 

7月始めに受診した時に、しばらくは体重管理で様子みて
1ケ月後ぐらいに体重測定に来て!と言われてたし
外注に出した尿には微量のストルバイトも出てたので
カリカリを変えてみて尿も再検査って言われてたのでね~

尿は採取はして行かず、圧迫して出してもらったんやけど
この前同様
「スムーズに出るから何か問題がありそうではないと思うけどねー」と

で、院内の検査では、きれいなオシッコでした

まあこの前も外注では、ちょっとストルバイトがあったので
今日も数日後に電話で確認する事に

体重は、60グラム減ってました 
まあ食欲がない!って事ではないけど
最近はそんなにガっついて食べたりもせえへんから
無理ないといえばそうなんかもしれんし

相変わらず、トイレを使えない事を院長に話して
アニマルコミュニケーションを受けた事や
私自身がカウンセリングを受けた事なんかも喋りまくり(笑)


「石松の目がおかしいなぁって思ってたら、その人がまず最初に
それを指摘しはったんですーで、続いてオシッコも!
あと翔太はいつも家にいてくれてるらしいですよ~」等

院長は「恐っ!ちょっとあんまり入りたくない世界やな~」と(爆)

「まあこんなんは、信じない人は信じないと思いますし
ウソかホントかわからなくてもそれで気持ちが楽になるなら
私はいいと思ってます」って言うと

院長は「それは確かにそうやよーそれが一番大事やもんね
実は僕の義理の兄は精神科の医者で、そういう気持ちはわかるよー」と

私が調子に乗って
「先生も、ペットロスを抱えてる飼主さんのフォローみたいな事を
考えて取り入れていって欲しいなぁ
これからの獣医は、そういう事も絶対に必要ですよ!」と言うと
院長は笑っていました


で、今日、受診したもう一つの理由

やっぱりずっと心にひっかかって私の不安材料にもなってた
『甲状腺機能亢進症』

体重減少や、すごく鳴いたり甘えるようになったってのが
その症状にあてはまるといえばあてはまるし
精神的なもんかなぁ?って思えばそうも思えるねけど

ハッキリせん事には、いつまでもウジウジで、前に進まれへんし
高齢猫には検査しておいてもいい病気やったので
意を決して検査をお願いしました!


いつもより多めの血液が必要で、採血の時間が長かったから
石松は、最後の方にちょっとだけうなったけど
暴れる事なく終始おりこうさんにしてくれてました 


検査の結果が出るまで、ドキドキやから
それもつらいなぁと思って延ばし延ばしにしてたけど

尿検査結果は、2~3日かかるらしいけど
この検査に関しては、明日にはわかるとの事で
明日夜電話する事になりました

3月の血液検査では
BUNが基準内ではあったけどギリギリで
それも気になってたので、院内の検査もお願いして
それも明日一緒に聞く事になってます


今から色々調べてもしゃぁないやん!って思いつつ
ちょこちょこネットで調べたりもしてしまうねんけど
なるようにしかならんし、もしそうやったとしても
今は、療法食や薬でコントロール出来る病気やし
石松に投薬は無理かなぁ、、、って思ってたけど
そうなったらそうなったで頑張るしかないしね!!


明日は、水瓶座の満月 

問題をクリアにして、手放せるチャンスらしい


どんな結果にせよ、一歩前に進める気はしています

でもでも弱っちいので、ぶっちゃけめちゃドキドキなんやけどね 

| 未分類 | 19:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT